2019年03月27日

働き方改革による労働基準法改正について(時間外労働の上限規制F)

前回に引き続き、時間外労働の上限規制に関するQ&Aをお伝えします。

<Q6>
時間外労働と休日労働の合計が、2〜6ヵ月間のいずれかの平均でも月80時間以内とされていますが、この2〜6ヵ月は、36協定の対象期間となる1年間についてのみ計算すればよいのでしょうか?

<A6>
時間外労働と休日労働の合計時間について2〜6ヵ月の平均で80時間以内とする規制については、36協定の対象期間にかかわらず計算する必要があります

なお、上限規制が適用される前の36協定の対象期間については、計算する必要はありません

posted by ユナイテッド・パートナーズ社労士事務所 at 10:30| Comment(0) | IPO・M&A対応(法改正)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: