2019年03月25日

働き方改革による労働基準法改正について(時間外労働の上限規制D)

前回に引き続き、時間外労働の上限規制に関するQ&Aをお伝えします。

<Q4>
中小企業や上限規制の適用猶予事業・業務へ労働者を派遣する場合、上限規制の適用はどうなりますか?

<A4>
労働者派遣法により、派遣労働者に関する36協定は派遣元が締結・届出を行いますが、36協定で定めた上限を超えて働かせた場合、派遣先が法違反となります。

そのため、派遣先が大企業であれば2019年4月以降、派遣先が中小企業であれば2020年4月以降、派遣先の事業・業務が適用猶予事業であれば2024年4月以降に、上限規制が適用されます。
派遣元が中小企業であっても、派遣先が大企業であれば、2019年4月以降に上限規制が適用されます

posted by ユナイテッド・パートナーズ社労士事務所 at 11:51| Comment(0) | IPO・M&A対応(法改正)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: