2017年02月09日

労務相談Q&A:アルバイトにも有給を与える必要はある?

アルバイトにも年次有給休暇を与える必要があります。

労働基準法では、正社員、アルバイトなどの雇用区分での差異は設けていないため、アルバイトにも年次有給休暇を与える必要があります

ただし、週所定労働時間が30時間未満で、所定労働日数が少ない場合は、勤務日数や労働時間数に応じて定められた日数を与えればよいとされています

posted by ユナイテッド・パートナーズ社労士事務所 at 11:46| Comment(0) | 労務相談Q&A
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: