2014年10月17日

未払い残業代対策 基礎講座O:企画業務型裁量労働時間制とは?

企画業務型裁量労働時間制とは、「事業運営上の重要な決定が行われる本社等において、企画、立案、調査、分析を行う業務で、仕事のやり方や方法、時間配分等を大幅に労働者の裁量にゆだねるかわりに、実際に働いた時間が何時間であろうと、労使であらかじめ定めた時間を働いたものとみなす制度」のことをいいます。

いわゆるホワイトカラーを対象とした裁量労働制です。

他の裁量労働時間制と同じで、実際の労働時間数にかかわらず「労使間で決定した労働時間(例えば8時間)」を勤務したものとみなすことができる制度です。

この裁量労働時間制を採用するためには、長時間労働やサービス残業を生み出さないように、事業場に労使委員会を設置したりしなければならないため、注意が必要です。

posted by ユナイテッド・パートナーズ社労士事務所 at 11:36| Comment(0) | 未払い残業代対策 基礎講座